日本の祈り〜轟の滝〜

インドより、新年あけましておめでとうございます。

私は3年続けてのインドでの新年を迎えることとなりました。

こうしてインドで学びたい学びを存分に学べ、

その恩恵に明らかに包まれている日々の生活を送り続けられていること本当にありがたく思います。

こうしてヨーガやヴェーダ、インドに出会えたことに敬意と感謝を込め、

私は今日もヨーガやヴェーダとともにインドで過ごしています。

03043-31

昨年、11月11日。

徳島県の小さな町、海陽町の山の奥。

轟の滝で毎年恒例の轟神社の秋祭りが行われておりました。

私がまだ関西を拠点に旅を続けていた頃、この海陽町に出会い、

そして、まだ訪れて間もない頃、この轟の祭のことを知りました。

今では、日本各地で徳島や海陽町、藍やサーフィンの魅力を伝え、ちょっと有名人となってしまった、海陽町のローカルサーファー永原レキ氏。

彼との最初の出会いはこの轟の祭の前日でした。

そして、出会って間もない彼は私をこの祭りへと招待してくれたのです。

この轟の祭とは。

山の奥地に生まれた四国最大の滝、轟の滝。

その滝に向かい、選ばれし男たちは極寒の川に一枚の布すらも纒わず、飛び込み身を清める。

03042-35

その禊は、夜中も早朝も2時間おきに行われ、その回数は10回近くに渡る。

秋とはいえど、山奥の川の水は足をつけるだけでも気がひける程冷たく、

飛び込めば、心臓が押し潰されるような感覚が襲ってくる。

大声で叫ばなくては、自然の圧倒的な力にあっとゆう間に飲まれてしまう。

ただ、身体を川に沈めるだけでなく、僕らが目指すは滝壺、そして、その先の滝の裏側。

巨大な滝からのものすごい量の水が押し寄せる中、流れに逆らいひたすら泳ぎ、滝を目指す。

これはどこか瞑想的で、禊を重ねるごとにその自己との対話はより深いところへと向かう。

03051-1403051-25

一回の禊でどのくらいの時間水に浸かっているのかは分からない。

ただそれはとても長いような、でも時が止まっているかのような。

不思議な時間だ。

この滝には女性の神様が宿っている。

そのため、川には女人禁制、男たちは裸になり身を神に捧げる。

この禊は本当に自然との関わりを教えてくれる。

宇宙の摂理。私という存在。

山に雨が降り、滝となり、川を流れ、海へと繋がる。

太陽がまた雲を作り、雨が降る。

僕らはこの川の恩恵を受け、生き物が生き、そこに育つ食物をいただいている。

03053-27

サーファーにとっては、轟の滝が生む海部川は特別で、海部川の河口は世界中のサーファーを魅了する波が立つ。

この海部の河口に憧れて移住してくるサーファーも多く、

轟の祭りに参加した仲間の中にもこの海部を愛する人たちがたくさんいる。

自然の近くで生活する僕らだからこそ、この祭りはとても馴染み深く、

この地で生活する人々にとってはとても祈り深い祭りなのである。

神輿を担ぐ時間が近づくにつれ、多くのこの町に住む老若男女はこの山奥へやってくる。

それぞれの祈りのために。

03059-15

幾度となく繰り返された禊の後は、白装束を纏い、神様を乗せた神輿を担ぎ、滝壺へ向かう。

神輿の重さは単なる物質だけの重さだけではないような、今まで経験したことのないような重みで、

この神輿を担ぎ、滝まで向かう道中、叫び、涙が溢れてきた。

この涙の意味は今となっては明確にははわからないけれど、

きっとそれは嬉しさと、感謝と、喜びと、この土地に生きる全ての代表として、神輿を担がせてもらったからなのだろうか。

03063-06

神輿を担いでの滝壺は、御神体である神輿を川の岩にぶつけないように必死に守ることで寒さなど感じる余裕などなかった。

男たちは必死に神輿を守り、履いている草鞋も白装束もボロボロになりながら叫び、また神社へと戻ってくる。

田舎に受け継がれた、ひとつの祈りのはなし。

03065-25

僕はよく、インドは祈り深い国だという話をする。

インド人は常に祈りとともにある。

ただ、日本でも祈りの文化はまだまだたくさん残っているに違いない。

祈ることの意味が少しづつクリアになってきたならば、どこででも祈ることはできるし、

生活の全てが祈りともなり得る。

僕は日本でも祈り深き人とともに生活させてもらっています。

日本の美しき祈りに出会った、僕の誕生日11月11日でした。

03059-08aa

※写真はこの祭りのために東京から駆けつけて、夜通し禊を共にしたHisadomi Kentaro氏によるものです。

彼の写真には彼の祈りが込められている。いつもとても素敵な写真ありがとうございます。

Advertisements

インドに来て、見て欲しいこと。

ナマステ。

みなさま、日本の冬いかがお過ごしでしょうか。

私は相変わらずインドにやってきています。

半分日本、半分インド。

今シーズンもそんなインドでの6ヶ月の生活が2週間前から始まりました。

こんな半々生活も今回で4年目。

それまでも年の約1/3はインドで生活という、何に魅了されているのか、日本のどの土地よりもインドで生活すること、学ぶことを大切に今年もやってくることができました。

そんな今シーズンのインドでは、以前より、いつかできればと思い描いていたインドでのリトリートを来年の2月に開催させていただくこととなりました。

北インドのハリドワールとリシケーシュという聖地に訪れます。(※詳細は下の方で。)

この、インドでのリトリートには、並並ならぬ私の強い想いを込めさせていただきました。

少しだけそんな想いを聞いてもらえたらと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私がこうして毎年やってくるインドには何があるのか、そして何を見てきたのか。

これまで日本でたくさんインドの話をしてきました。

インドで学んだことをたくさんの人に伝えさせてもらってもきました。

できる限り、インドで感じたことをそのままに。

でもやはり、そこでは伝えきれないことももちろんたくさんあるのです。

ここにしかない、音や匂い、ここに住む人やこの土地の空気。

こうしてインドに帰ってくると、やはり帰ってきたなぁという感覚になります。

きっと、目を閉じていてもそこがインドだとわかるような。

なんだか独特な空気感が。

 

インドでしか聞かない鳥や動物の声。

人の声も、街の騒音も。

朝のひんやりした空気と、そこに響く祈りの歌も。

話で聞く何倍も楽しく、美しい世界がここにはあります。

 

色々な方からインドにいつかは行ってみたいと、声をかけてもらうこともたくさんありました。

できれば皆さんに来て欲しいと思っていますし、その人にとって必ず一番いいタイミングがやってくるとも思っています。

なぜ、そこまでインドに来て欲しいのか。

ヨーガはどこででもできると、言われるかもしれません。

もちろんどこででもできるとも思います。

ただ、ここでしか知れないこともたくさんあります。

 

人は体験していないことは、いくら頭で考えても想像できません。

いくら本を読んでも、インド人から話を聞いても、毎日カレーを食べても、インドのことはわかりません。

私はこのインドでしか見ること、触れることのできない世界をより多くのヨーガを学ぶ人に触れてもらいたいと思っています。

もし、旅が好きで、一人であったり仲間たちと来れる方はぜひ、いつかこの地を訪れてみてください。

もし、一人で来ることが不安な方、なかなか一歩が踏み出せなかった方。

もしそんな方がいたら、こうしたリトリートを活用してみてください。

今回のリトリートでなくても、同じ想いで素敵なリトリートを開催している仲間もいます。

 

汚い、うるさい、怖い。

もちろんそれもインドです。

たくさんあります。

むしろ日本に比べればそんなところばかりかもしれない。

もちろん、気を抜くと危ないことだってたくさんあります。

最後の一歩が踏み出せない気持ちもよく分かります。

 

私はありがたいことに、インドで長く時間を過ごしてきました。

こうして、誰もが毎年インドに通い続けることができるものではないことも分かっています。

だからこそ、もしそのチャンスが一度しかないかもしれないのならば、その一度のインドでたくさんの体験をしてもらいたい。

一度のインドで、美しく、いいところばかり見れる人もいるかもしれないけれど、

それに触れられず、大嫌いになってしまうことだってあるのがインド。

汚い、うるさい、怖い。その中にある本当の輝きを見ることができぬまま。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回のリトリートは短い6日間という時間ではありますが、これまで私が見てきたインドという世界のなかで、ぜひ見て、聞いて、感じてもらいたいところを出来る限り詰め込みました。

なぜ、インドに来続け、そしてそこで何を学んでいるのか。

少しでもそんな世界に触れてもらえたら幸いです。

 

長くヨーガを学んでいる人はきっと、今まで見てきたヨーガのその奥深さに気づくことでしょう。

なぜ、インドがヨーガの聖地と呼ばれるのか。

みんなが身体が柔らかいわけでもなければ、アーサナの練習を日常的にしているわけでもない。

ヨーガ発祥の地だから、ただそういうわけでもない。

それはきっと、インドという文化が今尚、その知識を大切に守り、脈々と受け継ぎ、その知識とともに生きているからなのではないでしょうか。

 

決して、日本で学ぶヨーガはなんちゃってで、インドのヨーガが本物だ!

などとそんなことが言いたいわけではないし、インドに来なければヨーガの本当の意味が見えないわけでもない。

ただ、ここで伝えられている文化や知識に触れることで、今まで学んできたヨーガがより輝きを増しやすくなるだろうということ。

 

例えていうならば、何語で書かれているかも分からない絵本を読んでも、その絵本の本当の素晴らしさに気づくことはできません。

たとえ、その本が世界一素晴らしい絵本だと言われていても。

きっと絵本の絵を見て、自分の経験をもとに、なんとなくストーリーを想像し、理解したつもりにはなれるかもしれませんが。

でも、そのなんとなくでは、本当の輝きには出会えないんですね。

この言葉が何を意味しているのかが分からなければ。

 

僕にとって、ヨーガを学ぶ上でのインドとはそんな元となる言葉に触れられる場所なのかもしれません。

その知識はインドでは文化の中に散りばめられている。

それは、言葉や文字、教えだけではなく、それが、匂いや音、人々の生活、その場の空気に込められていることだってある。

こうした世界観に触れることで、今まで触れていたヨーガが何を伝えようとしているのか、もっとたくさんのことが見えてくるでしょう。

そうゆうことか!と。

どうしても、その世界観を知らずに、今までの経験だけでヨーガを見ればたくさんの勘違いをしてしまうことだってあります。

分からない言葉で書かれた絵本のように。

ヨーガを学ぶ多くの人に。できればヨーガを伝える人にこそ。

そのベースとなる知識をもとに今、目の前にあるヨーガをもう一度見つめてみてもらいたい。

きっと、勘違いしていた内容が少しクリアになって、その本当の輝きに少しずつ気づくことができるでしょう。

今回訪れる、ハリドワールとリシケーシュという土地も、そんな私の伝えたい想いを一番触れてもらうことができる場所だということで選びました。

普段、私はゴアやマイソールという南インドででアーサナの練習に励んでいますが、今回見て、感じてほしいインドは北インド。

アーサナもそうですが、もっと色々なヨーガという知識に触れてみてください。

そうするともっとアーサナも好きになるはず。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

インドとヨーガ。

もっともっとなぜこのリトリートに至ったかの話はしたいけれど、この二つがテーマだと話は終わりません。

百聞は一見に如かず。ということわざの通り、続きはインドで。

ぜひ、もっとヨーガの学びを深めたいと思ったら、インドに行くことを願ってみてください。

きっと、その時がやってくるでしょう。

もし、実際インドに来れなかったとしても、きっと願えば、日本でもそれに等しい教えに出会うことができるでしょう。

インドに来れない方に、出来るだけインドの知識を届けられるように、私も日々学び続けたいと思います。

もしリトリートにご興味ある方は、ご連絡お待ちしております。

まだ参加可能です。

リトリートでなくても、インドに興味が湧いた方は、ぜひ気軽にご連絡ください。

私で何かお役に立てることがあれば相談に乗らせてもらいます。

それでは今日も素敵な一日でありますように。

インドより心を込めて。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

North India Retreat Tour 2019

北インド 聖地リシケーシュ&ハリドワールを巡る旅~祈り~

2019年2月23日~28日(5泊6日)

料金 早割 178,200(税込) ※2018年12/31までにお申し込みの方。

          通常 194,400(税込)

ガイドティーチャー Doni

ガンジス川の流れる街、リシケーシュとハリドワール。

聖なる川のほとりに静かに佇むアシュラムでインドの文化に触れながら、ヨーガやヴェーダの世界を学ぶ旅。

Doniの師であるRolf Naujokat。

そのRolfの師のうちの一人、Santosh Puriji。

そのSantosh Purijiのアシュラムにてインドリトリートを開催します。

このインドという地で、脈々と受け継がれてきた祈りの文化とその中に生きるヨーガという知識。

インドでしか触れることのできないこの文化を、長年インドで過ごしてきたDoniとともに巡ります。

インドが初めての方でも、安心してリトリートに参加してもらえるよう、リトリート期間中はアシュラムの最寄りの空港からの送迎を含めて、プログラムが組まれております。

英語が苦手な方も、日本語通訳も同行しますので、お気軽にご参加ください。

自由時間などもしっかりあるので、インドの街でお買い物などもお楽しみいただけます。

アシュラムでの食事はSantosh Purijiの娘たちによるアーユルヴェーダに基づいたシンプルな菜食メニューをご用意しております。

サントーシャプリーアシュラムでの生活の他に、ヴェーダの文化や勉強を伝えるスワミダヤーナンダアシュラムへ移動し、ヴェーダの文化でのお寺での祈りや食事の時間も。

インド中から巡礼者が訪れる聖地ハリドワールでの火の儀式アーラティにも訪れてみましょう。

その他、Santosh Purijiの子供たちによるヨーガのクラスやアーユルヴェーダクッキングクラスも。

長年、インドで過ごした中で触れたヨーガという文化。

短いインド滞在の中でも存分に触れていただけるよう、6日間に凝縮しました。

ヨーガを長く学び続けている人も、インドやヨーガが初めての方も、安心して学びを深め、楽しんでもらえる毎日をご用意しております。

日本では触れることのできない、インドの文化。

そこから知るヨーガの生き方。

ぜひ、この機会にインドへ訪れてみて下さい。

きっと、今まで見落として過ごしていた世界に、気づける旅となることでしょう。

世界はいつも輝いている。

美しきインドでお待ちしております。

【定員】

10名

※既にご予約をいただいております。
定員が限られるため、気になる方はお早めにご連絡ください。

ご質問などもお気軽にご連絡ください。

【場所】

Shri Santosh Puri Ashram in Haridwar India

【お問い合わせ・お申し込み】

doniashtanga@gmail.com

件名を「North India Retreat 2019 申し込み」として

お名前、メールアドレス、日本で連絡のつく電話番号を明記の上ご連絡ください。

何かご質問がある方は併せてご質問ください。

リトリートの詳細は、お申し込みのご連絡いただいた方に追ってご連絡いたします。

詳細はこちら↓↓

https://wp.me/p7hdy4-jv

今日のお餅20181210

インドにいながら今日のお餅。

新しい飼い主さんが、とある機会にカメラマンさんに撮ってもらったようです。

徳島の限界集落出身の田舎の子が、まるでハリウッドスターになったような。

そんな気持ちで我が子をインドから見守る毎日。

今日のお餅20181204

本日、お餅は長い入院生活の末、無事元気に退院しました!!

みなさま本当に応援ありがとうございました。

2度の大きな手術を乗り越え、今は3本の足で元気に駆け回っています。
とても素敵な方のところに家族として迎え入れてもらえ、お餅は本当に幸せそうです。

そして、入院中は病院のスタッフの方にも本当に愛情をたくさん注いでもらい、インドにいながらこんな動画を病院の方から送ってもらいました。

愛されすぎだぞ、お餅!

これからはOmochi Doni Kimuraとして生きていきますと。飼い主さんから。

ミドルネームを手に入れたようです。

帰国後、大きくなったお餅に会うのが本当に楽しみです。

みなさん、本当にありがとうございました。

今日のインド20181129


インドに到着してます。

まずは近年恒例のここで朝食をとることからインドスタートしてます。

世界一の朝食。

​そして、昨日はゴアに到着。

来週からここでの練習がスタート。

年に数ヶ月だけ、自分の練習のみに集中できる師の元での練習期間。

毎年、想像もつかないほどの学びをもらえる期間でもある。

しっかり学んで帰ります!

North India Retreat Tour 2019 北インド 聖地リシケーシュ&ハリドワールを巡る旅~祈り~

North India Retreat Tour 2019

北インド 聖地リシケーシュ&ハリドワールを巡る旅~祈り~

 

2019年2月23日~28日(5泊6日)

料金 早割 178,200(税込) ※2018年12/31までにお申し込みの方。

          通常 194,400(税込)

※農作業や小さな村での祭り事や行事に追われ告知が遅くなりました。

告知が遅くなってしまったお詫びと、出来るだけインドに来てもらいやすくしたいという想いから、前回の告知から料金を下げております。

航空券も直前だと高くなるので、早めに取られることをお勧めいたします。

ガイドティーチャー Doni

ガンジス川の流れる街、リシケーシュとハリドワール。

聖なる川のほとりに静かに佇むアシュラムでインドの文化に触れながら、ヨーガやヴェーダの世界を学ぶ旅。

Doniの師であるRolf Naujokat。

そのRolfの師のうちの一人、Santosh Puriji。

そのSantosh Purijiのアシュラムにてインドリトリートを開催します。

このインドという地で、脈々と受け継がれてきた祈りの文化とその中に生きるヨーガという知識。

インドでしか触れることのできないこの文化を、長年インドで過ごしてきたDoniとともに巡ります。

インドが初めての方でも、安心してリトリートに参加してもらえるよう、リトリート期間中はアシュラムの最寄りの空港からの送迎を含めて、プログラムが組まれております。

英語が苦手な方も、日本語通訳も同行しますので、お気軽にご参加ください。

自由時間などもしっかりあるので、インドの街でお買い物などもお楽しみいただけます。

アシュラムでの食事はSantosh Purijiの娘たちによるアーユルヴェーダに基づいたシンプルな菜食メニューをご用意しております。

サントーシャプリーアシュラムでの生活の他に、ヴェーダの文化や勉強を伝えるスワミダヤーナンダアシュラムへ移動し、ヴェーダの文化でのお寺での祈りや食事の時間も。

インド中から巡礼者が訪れる聖地ハリドワールでの火の儀式アーラティにも訪れてみましょう。

その他、Santosh Purijiの子供たちによるヨーガのクラスやアーユルヴェーダクッキングクラスも。

長年、インドで過ごした中で触れたヨーガという文化。

短いインド滞在の中でも存分に触れていただけるよう、6日間に凝縮しました。

ヨーガを長く学び続けている人も、インドやヨーガが初めての方も、安心して学びを深め、楽しんでもらえる毎日をご用意しております。

日本では触れることのできない、インドの文化。

そこから知るヨーガの生き方。

ぜひ、この機会にインドへ訪れてみて下さい。

きっと、今まで見落として過ごしていた世界に、気づける旅となることでしょう。

世界はいつも輝いている。

お待ちしております。

【定員】

10名

※既にご予約をいただいております。
定員が限られるため、気になる方はお早めにご連絡ください。

ご質問などもお気軽にご連絡ください。

【場所】

Shri Santosh Puri Ashram in Haridwar India

【お問い合わせ・お申し込み】

doniashtanga@gmail.com

件名を「North India Retreat 2019 申し込み」として

お名前、メールアドレス、日本で連絡のつく電話番号を明記の上ご連絡ください。

何かご質問がある方は併せてご質問ください。

リトリートの詳細は、お申し込みのご連絡いただいた方に追ってご連絡いたします。

【リトリートでのインド滞在期間】

23日のAM9時にはデリー空港、もしくは13時には現地アシュラムに到着できるようにお越し下さい。

23日の14時にはリトリートのプログラムを開始いたします。

28日は夕方までアシュラムに滞在。

その後、近くのデラドゥン空港まで送迎いたします。

28日の19時ごろデリー空港に到着予定です。

日本にそのまま帰国する方は29日に日本到着となります。

到着時刻や航空券の個別の相談もお気軽にご質問ください。

【旅行代金に含まれるもの】

・アシュラムでのヨーガ&アーユルヴェーダクッキングクラス

・5泊6日のプログラム内での宿泊費・食事

・デリー~デラドゥン空港間のフライト(往復)

・デラドゥン空港~アシュラム間チャーターバス(往復)

・施設にはFree wi-fiもあります。

【旅行代金に含まれないもの】

・デリー空港までの交通費

・インド国内線での航空機預入超過料金

・施設外での食事代、食料品、その他個人的な買い物

・自由時間を利用したアシュラム外での個人的なアクティビティ

・海外旅行保険費用(必要な方はご自身でご加入ください。)

・パスポート、ビザ費用

など

※こちらのリトリートは現地集合の個人旅行扱いとなります。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

【デイリープログラム】

4:00~ chanting

6:30~ pranayama&asana

9:30~ break fast

11:00~ study

12:30~ lunch

18:30~ dinner

19:30~ chanting

【スペシャルプログラム】

・アーユルヴェーダクッキングクラス

・ダヤーナンダアシュラム訪問

・ハイダラバードでアーラティ見学

・リシケーシュ街探索

・Santosh Purijiの長男Gangajiによるヨーガクラス

※上記のデイリープログラムを基本として、各特別プログラムが組み込まれております。

詳しいスケジュールはお問い合わせ、お申し込みいただいた方へお知らせいたします。

【プロフィール】

DONI

あらゆる自然の中を旅しながらヨーガを伝えるトラベルティーチャー。

徳島県のオーガニックヴィレッジを拠点とし、山や海、畑などの大地に触れる生活を送ることで、自然の中からシンプルな考えや生き方を学ぶ。

毎年、年間の大半をインドで過ごし、Rolf&Marci Naujokatのもとでアシュターンガヨーガとアイアンガーヨーガのプラクティスを行う。

現在はシャラでの唯一となるアシスタントを任される。

インド・マイソールKPJAYIでのプラクティスやインドのアシュラムでの生活からヴェーダーンタの知識を学び、日々実践、探求を続ける。

「食」の考え方を伝えるため「ヨガとごはん」を結成し、日々の食事からもヨーガの知識に触れられるクラスを開催する。

今日のお餅20181108

お餅はもう3本の足で遊びまわるようになりました。

次の手術は、動かなくなってしまった後ろの右足を切断して、より遊びやすくしてあげることに。

なんだか足を一本切断と聞くと、可哀相に思えるけれど、お餅にとってはもうあると逆に動きが制限されてしまうのは明らか。なんだか早く取ってあげてもっとはしゃげるようにしてあげたい気持ちです。

また大きな手術にはなるけど、頑張るんだぞ、お餅!

そして何より愛してるぞお餅!