North India Retreat Tour 2019 北インド リシケーシュとハリドワールを巡る旅~祈り~

【日時】

 2019年2月23日~28日(5泊6日)

【料金】

早割 ¥194,400(税込)※2018年12/31までにお申し込みの方。

通常 ¥205,200(税込)

ガンジス川の流れる街、リシケーシュとハリドワール。

聖なる川のほとりに静かに佇むアシュラムでインドの文化に触れながら、ヨーガやヴェーダの世界を学ぶ旅。

Doniの師であるRolf Naujokat。

そのRolfの師のうちの一人、Santosh Puriji。

その故Santosh Purijiのアシュラムにてリトリートを開催します。

朝は暗いうちから火が焚かれ、お祈りから1日が始まります。

神聖な場所で、祈り、呼吸をし、アーサナをすることによって身体と心をととのえる。

インドで守り続けられているヨーガという文化。

インドが初めての方も、安心して楽しんでもらえるよう、リトリート期間内はすべての行程が決められています。

自由時間もあり、アシュラムでの食事はSantosh Purijiの娘たちによるアーユルヴェーダに基づいたシンプルな食事をご用意しております。

サントーシャプリーアシュラムでの生活の他に、ヴェーダの文化や勉強を伝えるスワミダヤーナンダアシュラムへ移動し、ヴェーダの文化でのお寺での祈りや食事の時間も。

インドの聖地のひとつ、ハリドワール。

インド各地より毎日たくさんの巡礼者が訪れるガンジス川のほとりで火の儀式アーラティにも訪れます。

その他、アーユルヴェーダクッキングクラスやヨーガの聖地リシケーシュの街探索。

希望者はガンジス川での沐浴も。

長年、インドで過ごした中で触れたヨーガという文化。

短いインド滞在の中でも存分に触れていただけるよう、6日間に凝縮しました。

ヨーガを長く学び続けている人も、インドやヨーガが初めての方も、安心して学びを深め、楽しんでもらえる毎日をご用意しております。

日本では触れることのできない、インドの文化。

そこから知るヨーガの生き方。

ぜひ、この機会にインドへ訪れてみて下さい。

●参加費に含まれるもの

ヨーガの学び、宿泊、宿泊施設内(全食事,菜食)、アーユルヴェーダクッキングクラス、チャーターバスを含む移動費(国内線フライト込み)。

施設にはFree wi-fiもあります。

●含まれないもの

デリー国際空港までの渡航費、海外保険料、 施設外での個人的アクティビティ、ショッピング料金、施設外での食事。

※このリトリートは現地空港集合の個人旅行になります。

【定員】

10名

※すでに多くのお問い合わせをいただいております。

ご希望の方はお早めにご連絡ください。

【場所】

Shri Santosh Puri Ashram in Haridwar India

【お問い合わせ・お申し込み】

doniashtanga@gmail.com

件名を「North India Retreat 2018 申し込み」として

お名前、メールアドレス、日本で連絡のつく電話番号を明記の上ご連絡ください。

何かご質問がある方は併せてご質問ください。

リトリートの詳細は、お申し込みのご連絡いただいた方に追ってご連絡いたします。

【アシュラムでのデイリースケジュール】

4:00 メディテーション&プージャ

6:00 プラナーヤーマ&アーサナ

9:30 朝食

10:30 座学

12:30 ランチ

15:30 アーサナor座学

18:30 夕食

19:30 プージャ

※こちらのスケジュールをもとに、各地訪問やイベントが組み込まれています。日によってスケジュールが変更します。

【リトリートでのインド滞在期間】

23日の朝にはデリー空港、もしくはお昼には現地アシュラムに到着できるようにお越し下さい。

23日の午後にはリトリートのプログラムを開始いたします。

28日は夕方までアシュラムに滞在。

その後、近くのデラドゥン空港まで送迎いたします。

日本にそのまま帰国する方は29日に日本到着となります。

到着時刻や航空券の相談もお気軽にご質問ください。

Advertisements

今日のお餅20181108

お餅はもう3本の足で遊びまわるようになりました。

次の手術は、動かなくなってしまった後ろの右足を切断して、より遊びやすくしてあげることに。

なんだか足を一本切断と聞くと、可哀相に思えるけれど、お餅にとってはもうあると逆に動きが制限されてしまうのは明らか。なんだか早く取ってあげてもっとはしゃげるようにしてあげたい気持ちです。

また大きな手術にはなるけど、頑張るんだぞ、お餅!

そして何より愛してるぞお餅!

おいしいが、おいしいをつなぐ。 『久尾食堂〜お米編』

おいしいが、おいしいをつなぐ。
『久尾食堂〜お米編』

自分たちの住む村で、自分たちの手で育てたお米。

そこにはたくさんの人や自然のちからが支え合い、小さな米粒を実らせました。

そんな喜びと感謝を込めて、お米に合うごはん会を開催します!

45423971_1875463129189291_709825667302162432_n

徳島県海部郡海陽町の山奥、限界集落にある久尾自然農園。
たくさんのみんなに協力していただき久尾ではじめてのお米ができました。本当にありがとうございます。
豊かな自然の恵み、たくさんの人とのご縁、つながりに感謝を込め、新米の収穫祝いと共に『久尾食堂』を開催します!

この日は、収穫した新米6種に合う料理を、皆が持ち寄った食材で料理家たちがつくり振る舞います。その他、杵つき餅やオリジナルの久尾ブレンドコーヒー、音楽家Peace-Kのライブ、次の『久尾食堂〜小麦編』に向けて小麦の種まきなど盛りだくさんの美味しく楽しい久尾ライフDAY!
皆さま是非ともご参加ください!

『久尾食堂 2018年秋 〜お米編』

日時:2018年11年13日(火)
はじまり10時〜おわり19時半

場所:徳島県海部郡海陽町久尾

料理:坂東志保(たべ作)、ニカイサチ(ソライロテーブル)、久尾メンバー、その他にも県外から料理家も参加!

コーヒー:石大和(sumiyoshi4丁目coffee stand)

ライブ:Peace-K

参加費:食材を持ち寄りください/ライブはハートマネー(投げ銭)

*予約制となっております。参加の方はメッセージで人数をお知らせください。

【当日の予定】
10:00〜開場/小麦の種まき
12:00〜昼ごはん/ライブ
14:30〜餅つき他
17:00〜晩ごはん/ライブ

・どの時間からでも参加OKです。
・持ち寄りの食材は野菜、果物、調味料、何でもOKです。ただし、無添加、無化学調味料など出来るだけ安心安全なものでお願いします。
・可能な方はマイ箸&マイ食器をご持参ください。
・宿泊希望の方は事前にお知らせください。
・夜は冷えますので暖かい格好でお越しください。
・授乳室やキッズスペースもありますのでご家族でどうぞ。
・駐車スペースあります。
・焚き木用の薪やお酒などの差し入れ大歓迎!
・前日&当日のお手伝い大歓迎!

今日の久尾ビレッジ20181031

すだちいるか〜?とやって来た部落長に連いていき、山の中へ。

収穫の仕方がワイルドすぎる。

もちろん無農薬。

とりあえずひたすら絞る。


久尾に取材のためマクロビの本などを手掛ける、ちはるさんが来られました。

きっとこれから久尾はどんどん色々な人に知られていくことになるのでしょう。

嬉しいことです。

山奥で静かに暮らす生活をもっと沢山の方に楽しんでもらえますように。